汗の臭いの中でも、女性にとって一番気になるのが「脇」の臭いですね。

「脇の臭い=ワキガ」だと思っている人も多いのですが、ワキガというのは一般的な汗の臭いではなくて脇特有の臭いのことを言います。

前述したとおり、私たちの体から出る汗には2種類の汗があって、体温調節のために出る汗(エクリン汗)と、動物本来の機能として個体を識別し異性を引き付けるために体臭を出すための汗(アポクリン汗)があります。

エクリン汗腺(体温調節のための汗腺)は体全体に分布していますが、アポクリン汗腺(体臭を作り出すための汗腺)は人間の進化と共に退化し、現在では脇などごく一部に残るだけになっています。

ワキガになる原因 アポクリン腺

 

脇から出る特有の臭いは、体温調節のための汗(エクリン汗)の臭いではなくて、アポクリン汗(体臭)の臭いなのです。

アポクリン汗は、エクリン汗と違い、タンパク質・脂質・糖質・アンモニアなど栄養分をたっぷりと含んだどろどろとした汗です。

そのためアポクリン汗は皮膚の常在菌が繁殖しやすく、その発酵臭がきつくなるのです。

脇の臭いは、一般的にいう「汗の臭い」ではなく、人間が動物として持つ「体臭としての臭い」だということがお分かりいただけたでしょうか。

脇の臭いの対策には、この「アポクリン汗腺」用の対策が必要ということになります。