先日のイベントで見せていただいたこのTシャツ。
脇の部分に3重構造の脇汗パッドが縫い込まれているから、大量の脇汗も外に出さない!というすぐれものでした。

汗シミができないTシャツ

スーツのジャケットの下に着れば、スーツに脇汗が染みだす心配もなし。
ジャケットを脱いでもOKなデザインだから、突然ジャケットを脱ぐことになっても恥ずかしくない。
脇汗パッドが見えることもないので、これからの季節、脇汗の汗シミに悩む汗っかき女子に是非おススメしたい「脇汗パッド付Tシャツ」です。

汗取りフレンチスリーブインナー(サラリスト/BELLE MAISON DAYS)

強力な脇汗パッド付で絶対に汗シミを出さないTシャツ!だからスーツ下に1枚で着られる!

この汗脇パッド付Tシャツ。襟ぐりもラウンドカットでとてもきれいなので、外に見えても大丈夫。スーツの下や制服の下に来ても汗シミ対策用のTシャツとはばれにくいデザインなんです。

汗シミができないTシャツ

こちらの汗脇パッドは3重構造になっていまして…。
真ん中の防水布が強力に汗脇をシャットアウトしてくれるんです。

脇汗パッド付インナー

これは同じ構造を持つ「汗脇パッド付インナー」でやった実験。
小さじ半分の水を一気に垂らしても、外には全く染み出ていませんよね。

脇汗が目立たないTシャツ

実際にはこんなに一気に汗が出ることはないし、速乾性なのでどんどん汗を吸収しては乾いてくれますので、汗シミが外に出ることはまずないと思います。

昨年は3重構造の真ん中にある「防水布」がシャカシャカ音がするのが気になったのですが、今年見せていただいたこのTシャツは、全然シャカシャカしませんでした。

担当さんも「音が出ないように改善しました」とおっしゃっていましたよ。

パッドも入っていて1枚で着られるので、涼しい!
これからの季節、スーツのインナー、カーディガンのインナーに重宝すること間違いなしの「汗脇パッド付Tシャツ」のご紹介でした。

汗取りフレンチスリーブインナー(サラリスト/BELLE MAISON DAYS)