加齢臭は、実は生活習慣病と大きな関係があります。

糖尿病、脳卒中、心臓病、肥満などの生活習慣病は、日々の不摂生に原因があります。 高カロリーの食事や喫煙、運動不足などが原因で、血中のコレステロール値があがり、これらの病気を引き起こします。

一方、加齢臭は皮脂腺に増えた脂肪分が原因。
こちらも不摂生を重ねて、血管の中にコレステロールが溜まると、皮脂腺にも脂肪が増えていきます。

女性の加齢臭

つまり、高カロリーの食事や喫煙、運動不足などの生活習慣病の原因が、加齢臭の原因にもなっている、ということなのです。

加齢臭がクサい、とお悩みの女性の方は、一度自らの生活を見直してみてください。 不規則な食事を採っていませんか?高カロリーの食事、飲酒、喫煙、ストレス、運動不足など、心当たりはありませんか?

こうした生活習慣を見直すだけでも、加齢臭は良くなるのですよ。

生理周期に加齢臭も関係する!

加齢臭は、皮脂腺にある脂肪がノネナールという物質と変化することで臭います。

女の加齢臭

女性の体は月経周期に合わせて変化していきますが、月経前になるとホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂が多く分泌されるようになります。

つまり、加齢臭の素である脂肪がたくさん皮脂腺に出てくるので、加齢臭も強くなる傾向があります。
これは加齢臭に限らず、ワキガの人も同じ。月経前にワキガの臭いがクサくなるとお悩みの女性も多いのです。

ストレスも加齢臭の大敵!

ストレスを感じていると体の中の活性酸素が増加します。 加齢臭の素となる「ノネナール」は脂肪が過酸化脂質と結びついて作られるのですが、この過酸化脂質は、ストレスを感じるとたくさん発生するのです。

つまり、ストレスを溜めると過酸化脂質も増加して、ノネナールの発生も増加する、というわけなのです。 加齢臭対策はストレス対策から。ストレスのない毎日は加齢臭の無い毎日へと通じます。

日々の不摂生を見直して加齢臭を撃退!

暴飲暴食、飲酒、喫煙、運動不足などなど、心当たりのある方、どれか一つでもできるところから生活を改善してみませんか?

加齢臭は皮脂腺にできた脂肪分が原因ですから、その中でも食事を見直すだけでも大変効果があります。

脂肪分の高い、マヨネーズ・バターなどの脂質を抑え、野菜や果物を十分に採るように心がけましょう。揚げ物を焼き魚に変えるだけでも効果があります。

ビールを少し控えたり、バス停をひとつ前で降りて歩くなど、少しのことで健康バランスが良くなります。

また、抗酸化物質を多く食べることも重要。ゴマや緑茶、赤ワイン、大豆などが加齢臭対策にも効果的ですよ。