女性でも30代後半から急に気になってくるのが加齢臭。 「あれ?わたし臭いかも???」ホント、恐怖ですよね(笑)。

そもそもどうして歳を重ねると体の臭いが変わってくるのでしょうか。 どうして、歳を重ねると「臭く」なるのでしょうか。 加齢臭の原因・メカニズムについて少しご説明します。

加齢臭の原因は、ノネナール

2000年、資生堂の研究チームによって、加齢臭の素は「ノネナール」と呼ばれる物質であることがわかりました。

人間の皮膚には、潤いを保つために皮脂を出す「皮脂腺」があります。 歳をとってくると、皮脂腺の中にパルミトオレイン酸と呼ばれる【脂肪酸】が増えてきます。 この【脂肪酸】が酸化してできるのが『ノネナール』という物質です。

P1020595-001

『ノネナール』は、「アオチーズの臭い」「古い本の臭い」などと表現されますが、ノネナール自体の臭いはそれほど「悪臭」として嫌われる臭いではありません。

しかし、汗臭・体臭・ワキガなどと混ざり合うと、強烈な臭いとなってしまうのです。

おやじ臭とおばさん臭は違うの?

加齢臭は「おやじ臭」とも言われますが、女性でもノネナールは発生しますので男性と変わらず女性にも「おばさん臭」はおこります。

「加齢臭の素=ノネナール」の発生の原因は、皮脂の原料となるコレステロールの蓄積があげられます。

体内に脂肪が増えれば皮脂腺にも脂肪が増え、加齢臭の素であるノネナールが大量に発生するというメカニズムなのです。

油っこい食べ物を食べたり、タバコを吸ったりなどという生活習慣の不摂生が血中のコレステロールを蓄積させることになり、結果加齢臭を発生させることになります。 「おやじ臭」より「おばさん臭」の方が目立たないのは、女性は男性に比べて、食べ物に気を遣ったり清潔な環境に気を配ることが多く、皮脂腺からでる脂肪の量も少なくなるので加齢臭が目立たないことが多いからなのですね。

女性の加齢臭の原因

また、女性の方がノネナールの発生する時期が男性よりも遅いと言われています。

男性のおやじ臭は30代に入ったころから目立ち始める一方、女性は30代後半から気になり始めノネナールの量が増えるのは50代に入ってからだと言われています。 その分おばさん臭はおやじ臭より目立たないのですね。

しかし逆に言えば、生活習慣に気を付けなければ男性と同じく強烈な加齢臭を引き起こし、「おばさん臭」が目立ってしまうという可能性もあるということです。

日頃から食べ物や生活習慣に気を配ることが「おばさん臭」の解消につながるのです。