前頁「2つの汗腺を知ろう-多汗とワキガの違い-」でご説明したとおり、暑くなったり、走ったりしたときに出た汗は本来臭くありません。

汗が付いた服で菌が繁殖するから臭ってくるのです。

ですから、「汗かき」さんや「スポーツをして汗をかく人」で汗の臭いにお悩みの方は、汗の臭いを消したり、汗が出ないように努力するのではなく、「服に着いた汗が臭わないようにする」ことが重要なポイントとなります。

そもそも体温調節のために出る汗はコントロールができません。 スポーツする人に「汗をかくな」と言っても無理ですし、汗かきであるといことは体温調節機能が優れているということ。
その汗を無理矢理に止めることはできないのです。

汗をかかないようにするのではなくて、出てきた汗が臭わないようにコントロールする ことこそが、汗かき女子の取る道ではないかと思います。

普段の汗なら、濡れタオルで常在菌ごとふき取る!

日常生活のなかでかいてしまう汗なら、こまめに濡れタオルでふくことで、臭いが抑えられます。 「濡れタオルでふく」というのがポイントで、決して乾いたタオルで汗を拭いてはいけません。

前述したとおり、汗が臭うのは、汗をエサとして食べている「常在菌が繁殖するから」。
乾いたタオルで汗を拭くと、汗の水分だけが拭きとられてしまって、臭いの原因である常在菌は皮膚に残ったままになってしまうんです。
結果、臭いの素の菌はどんどんと濃い濃度で皮膚の上や洋服の中に蓄積されていくことになってしまいます。

ですから、汗を拭くときは濡れタオルで「繁殖している菌ごとふき取る」というのが大事。 市販の「汗ふきシート」のようなものも効果があります。除菌効果のあるものを選ぶとさらに臭い防止になりますよ。

その他、汗脇パットなどを使って汗をかいたらその都度交換するというのも、菌を長い間放置しないで済むので効果的です。
また、通勤通学時に汗をかいた下着を着替えたり、局所的な汗取り用下着をつけて通勤通学し着いたら外すという対処をすると、菌が肌の上で長時間繁殖しないので、汗の臭いが大幅に抑えられます。

しっかりと脇汗パッドがついたインナー。服を着たまま脱げるので、通勤通学時だけの着用が可能。

大量に汗をかく人は、菌が付いても臭わない強力スプレーを使おう!

スポーツをする人や、とにかく大量にダラダラと汗が出る人は、「こまめにふき取る」とか「局所的な汗用下着」なんて生ぬるい対処では間に合うものではありませんよね。

私も運動時は、仲間から笑われる程1人だけ汗をかいている「大汗かき」なので、「タオルなんかじゃ間に合いません!」と思っている汗かき女子のみなさんのお気持ち、よくわかります。

私がいろいろと試してきた中で、一番効果的だったのは、「汗の臭いを臭わない物質に変化」させて、汗の臭いを抜本から消してくれるスプレーでした。
他にもいろいろと種類はあると思うのですが、私が使っているこれは、常在菌が出す臭いを臭わない物質に変化させてくれるスプレーで、どんなにぐっしょり汗をかいてももわーんと臭いが上がってこないので重宝しています。

脇汗のにおいを消すスプレー・ヌーラ

大量に汗をかく人の臭い対策は、このスプレーの様に、化学反応で「汗の臭いを汗の臭いでなくしてしまう」ような商品がおすすめです。

汗を出さない!とか、汗を拭く!とか、そういうことでは対処できないのですから、そもそも汗の臭いを違う物質に変化させてしまうのが有効だと思います。

私が使っているこれは「ヌーラ」というスプレーで、元々介護用品を扱っていた会社さんが、「加齢臭」や「介護臭」を研究することで開発されたそうです。
本当に威力は超強力で、どんなに汗をかいても、臭いがしません。 これを使い始めたら、もう他の消臭スプレーには戻れなくなってしまったほど。

脇汗のにおいを消すスプレー・ヌーラ

制服でもスポーツウェアでも、帽子でも靴下でも、どんなものにでも振り掛けられるので、会社の制服でも部活で使うお揃いのウェアでも、物を選ばず消臭できて楽ですよ。 使い方は、前日に臭いたくない衣類にこれをあらかじめふりかけておきます。すると、次の日汗が臭わない!というしくみ。

臭ってから消すのではなくて最初から臭わないので非常にありがたいです。

服を臭わなくする消臭スプレー「ヌーラ」についてはコチラで確認してください。