前頁「2つの汗腺を知ろう」でご説明したとおり、汗には2つ種類があって、エクリン腺から出る体温調節のためにでる汗と、アポクリン腺から出る臭いの強い汗の2種類があります。

ここではエクリン腺からでる汗の臭いについてまとめました。

汗は臭いません。菌が繁殖する時ににおうのです。

暑い時・運動した時・緊張したときなどにかく汗は「エクリン腺」から出るもので、99%が水・残り1%に尿素や塩分・アンモニアなどの成分が含まれているだけです。

99%が水分ですからこの汗はとてもサラリとしていて、ほとんど臭いません。 汗自体に「においはない」のです。

サウナに入っているときは、汗臭くなりませんよね。 体温調整のためにかく汗は、本来におわないものだからです。

では、どうして私たちは汗をかくと臭くなるのでしょうか。
それは、皮膚の常在菌が汗に含まれる栄養を食べ、繁殖するときの老廃物としてクサイにおいを出すからです。

汗も常在菌も無臭ですが、常在菌が繁殖するときに出す老廃物がクサイにおいを発します。 つまり。汗が臭いのではなく、汗を食べて繁殖している常在菌の老廃物が臭い!ということなのです。 汗が臭くなる原因

菌が繁殖しない環境を作れば、汗は臭わない!

では、たくさん汗をかく人はどのようにケアすればいいのでしょうか。

汗を大量に書く人の汗の臭いは、汗が蓄積したことによって臭いが発生していることが多いので、まずは臭う「衣類対策」が効果的です。

皮膚常在菌が汗に含まれる栄養分を食べて、クサい老廃物を出すのは「衣類のなか」です。

また、たくさんの汗を吸い取り、水分だけが蒸発していくことで、臭いの素である「尿素」や「アンモニア」などが凝縮されて衣類に残り、臭いを発することにもなります。

つまり、体温調節の汗に対する汗対策は、衣類の臭い対策を中心にやっていくのが効果的、ということなのです。

私の場合、運動をするときの汗の臭いは衣類用の消臭剤で対処しています。ゼロにはなりませんが、かなり臭いが減りますよ。

スポーツウェアの汗の臭い

私が運動するときに使っている超強力イオン消臭【ヌーラ】の実験はこちら!

3日着ても臭わないシャツ【デオル】はこちら

 

ワキガの臭いの原因は?

一方、ワキガの臭いの原因は少し違います。

2つの汗腺を知ろう-多汗とワキガの違い-」で記載していますが、体温調節のためにかく汗はエクリン腺から出るもので無臭ですが、脇のアポクリン腺から出る汗は本来動物同士の体臭を作り出すための汗なので、汗そのものが臭います。これが『ワキガ』です。

少し動いただけで汗をかく、緊張したときに汗が出る、などの汗は「エクリン腺から出る体温調節のための汗」ですので、衣類対策が効果的なのですが、脇の臭いだけが強烈ににおうような『ワキガ』の人はワキガ用の対策が必要になります。

詳しくは「脇の臭いについて」に書いています。ご参考にしてください。